館長紹介

 

1948年3月31日
埼玉県行田市大字谷郷に5人兄弟の長男として生誕。幼い頃より武道に憧れ、高校1年の秋、池袋の大山道場に入門。

 

大山倍達極真会館総裁を初め、多くの極真の獅子達の下で極真魂の神髄を学ぶ。その後、各種の武術を体得する。

 

 

1973年
数々の試練を乗り越え、「第5回全日本空手道選手権大会」に優勝し、真の空手家、武道家としての一歩を踏み出す。

 

1980年4月
埼玉県に支部道場を開設、支部長として後進の指導にあたる。そのかたわら、真の強さを求めて自己の修行に励む。

 

1994年4月
大山倍達総裁ご逝去。松井新体制のもと、極真会館の最高顧問・首席師範に就任する。
2003年1月
大山倍達総裁の遺志を継いで真の武道空手を追求する為、新組織「極真空手道連盟極真館」を設立。館長に就任する。

 

大山総裁が遺された唯一の公益法人、財団法人極真奨学会を引き継ぎ、極真空手の統一を目指している。

 


極真館 総本部 HOME 大会結果 入門案内 ギャラリー お問い合わせ