極真空手

2016年3月13日春季錬成大会が実施されました。

 

武州北支部からは北川 諒選手(深谷道場) 山川翔偉選手が出場しました。

 

結果は下記の通りです。
小学5年男子中級軽量級の部第3位 山川 翔偉(本庄道場)
入賞本当におめでとうございます。
3回戦迄一本勝ちはさすがですね。
今回は優勝目指していたのでちょっと残念でしたが
全日本目指して頑張って下さいね!

 

 

翔偉選手は、1回戦、2回戦、3回戦と一本勝で順調に勝ち進みました。

 

続く準決勝では有利に試合を進めていましたが、
スピードの有る翔偉選手の突進に相手選手が膝を合わせ、
カウンターになってしまい敗退してしまいました。

 

残念でした・・

 

次の全日本目指して課題をクリアし稽古頑張って行きましょう。

 

又、諒選手は強い左の突きを武器にしていましたが、突きに頼り過ぎてしまった様です。

 

練習では動けても試合では動けなくなります。

 

より工夫して稽古頑張って下さい。

 

最後に、閉会式の挨拶で廣重副館長の挨拶で、
今日出場した選手は勝った人、負けた人に分かれるが、
勝った人は「自信」に繋げられ、負けた人は「勝つ為に工夫をする」
勝っても負けても得る事は多く有るが、
一番問題なのは試合に出場せずにいる人はその時点で「自分に負けている」と言う
お話しが有りました。

 

今回武州北支部からは2人しか出場せずに大変私は寂しい思いでした。

 

出場しない生徒は其処を良く考えて欲しいと思います。

 

出場したお二人お疲れ様でした。^^;
稽古頑張って行きましょう。

 

支部長黒岩道保

 

 


極真館 総本部 HOME 大会結果 入門案内 ギャラリー お問い合わせ